当帰生姜羊肉スープ

IMG_20160109_102326

【材料(2人分)】
当帰(当帰頭あるいは当帰身) 30g
生姜 15g
羊肉(赤身) 250g
黄耆 30g

【作り方】

  1. 当帰をきれいに洗って、柔らかくなるまで蒸し器で蒸して、薄切りにする。
  2. 羊肉を洗って、食べやすい大きさに切り、生姜を細切り、当帰、黄耆をガーゼで包む。
  3. 以上の材料を適量の水と一緒に鍋に入れて、弱火で1時間半ほど煮る。
  4. あくを取り除いて、味を調える。
    月経が来る1日前から飲む。 1日に1回、毎月3~5日間連続して飲む。

【効能】
当帰 :
性味 : 温甘辛
帰経 : 心肝脾
養血活血・行気止痛 : 顔が青白くて、艶がない、生理不順、月経閉鎖、生理痛を解消する。

生姜 :
性味 : 微温辛
帰経 : 肺脾腎
散寒解表 : 悪寒、発熱、汗が出ないなどに使う。
温中止嘔 : 胃を温めて、吐き気・嘔吐を止める。

羊肉 :
性味 : 温甘
帰経 : 脾腎
温中補腎 : 腰がだるい、膝が弱い、疲れやすい、冷え性、産後の腹部冷痛などを改善する。
補益気血 : 疲れ、食欲不振、四肢の冷えなどに効く。

黄耆 :
性味 : 微温甘
帰経 : 肺脾
健脾補中 : 倦怠感、無力、食欲がない、軟便などを改善する。
昇陽挙陥 : 胃下垂、遊走腎、肛門脱出、子宮脱出などの内臓下垂に効く。
益衛固表 : 自汗(自らの出汗)に最適。
利尿 : 元気が出ない、小便不利、むくみなどによい。

棗姜黒砂糖粥

IMG_20160109_102500

【材料(2人分)】
うるち米 30g
紅棗(なつめ) 20個
生姜 15g
黒砂糖 30g

【作り方】

  1. 生姜を適量の水に入れて、30分間煮て、煮汁を取っておく。
  2. 1の煮汁と紅棗、うるち米と一緒に火にかけ、粥を作る。
  3. 粥が煮上がった後、黒砂糖を入れて、温かいうちにいただく。
    1日1回、5~7日間連続服用する。

【効能】
うるち米 :
性味 : 平甘
帰経 : 脾胃
補脾益胃 : 消化機能が低下する、疾病の回復期、体質改善に使う。

生姜 :
性味 : 微温辛
帰経 : 肺脾胃
散寒解表 : 悪寒、発熱、汗がでないなどに使う。
温中止嘔 : 胃を温めて、吐き気・嘔吐を止める。

紅棗 :
性味 : 温平
帰経 : 脾胃
補中益気 : 倦怠感、無力、食欲不振、軟便などを改善する。
養血安神 : 顔が黄色くて艶がない、めまい、精神恍惚、不眠などに使う。

黒砂糖 :
性味 : 温甘
帰経 : 肝脾胃
温中補虚 : 冷え、腹痛によい。
緩急止痛 : 痙攣によるひどい痛みなどに効く。
活血化瘀 : 血行不良による腹痛、生理痛などに使う。

海老ワンタンスープ

IMG_20160109_103059

【材料(2人分)】
海老 4尾
黒きくらげ 4.5枚
白ねぎ 5cm
生姜 適量
ワンタンの皮 8枚(できるだけ手作り)
塩胡椒・醤油 各適量
水 400ml

【作り方】

  1. 海老は背わたを取り、細かく切り包丁でたたく。
  2. ねぎは半分はみじん切りに、残りは細切りに、生姜はみじん切りにする。
  3. 1にねぎのみじん切りと生姜を入れて混ぜる。
  4. 皮に包む。
  5. 鍋に水、黒きくらげ、ねぎ、塩胡椒少々を入れ、そこに4を入れる。
  6. ワンタンが浮いてきたら醤油で味を調える。

【効能】
海老 :
性味 : 温甘
帰経 : 肝腎脾肺
補腎壮陽 : 腎の陽気を強める。 冷え性の改善。
温陽開胃 : 陽気を高め、脾胃の機能を改善する。

黒きくらげ :
性味 : 平甘
帰経 : 肺腎肝胃大腸
涼血止血 : 血液中の熱を鎮め、止血する。
潤肺止咳 : 肺を潤し、咳を鎮める。
利腸通便 : 便秘を改善する。 美顔の効果もある。