紫蘇茶

体を温め気血の流れをよくする働きがあるので、
冬の冷え・寒け・頭痛・発熱と梅雨の寒けや頭や体の重たさ・発熱・冷え症の改善も期待できます
紫蘇茶(冬)

【材料】
紫蘇 3g
生姜薄切り 2枚
黒砂糖 適量
水 1.5カップ

【作り方】
沸騰した湯に千切りした生姜、紫蘇、黒砂糖を入れて火を止め、しばらく蓋をして蒸らします。
濾してから2~3回に分けて飲みます。

【効能】
紫蘇 : 体を温める性質を持ち、辛味があります。 肺・脾・胃に作用しやすく、体に侵入した寒邪を発散させ、胃の調子を整えます。 冬かぜの寒け・頭痛・食欲不振の改善が期待できます。 食薬で使う紫蘇というのは乾燥させた大葉のことなので、紫蘇がないときには、大葉を倍量で使ってください。
生姜 : 体をやや温める性質を持ち、辛味があります。 肺・脾に作用しやすいので、冬かぜの寒け・頭痛・咳・食欲不振・吐き気の改善が期待できます。
黒砂糖 : 体を温める性質を持ち、甘味があります。 肝・肺・脾に作用しやすいので、体の冷え・胃痛・生理痛の改善が期待できます。

 

follow us in feedly

五香麵茶

冷えにも アンチエイジングにも○老化防止五香麺茶800

【材料】
小麦粉 200g
ピーナッツ 100g
くるみ 100g
ごま 50g
サラダ油 適量

【作り方】

  1. ピーナッツ・くるみ・ごまは、香りが出て火が完全に通るまで、別々に煎って、粉にする。
  2. 小麦粉は、弱火で黄色くなるまで煎る。
  3. サラダ油を温め、1を入れて少し炒めてから2を加え、混ぜながら炒める。
  4. 毎朝適量をお湯で溶かし(必要があれば火を通す)、好みにより砂糖または塩を入れて飲む。

【効能】
滋陰補血助陽 
補血作用のあるピーナッツ(落花生)と滋陰補胃作用のあるくるみ・ごまに煎った小麦粉を合わせることによって身体を滋養することができます。

 

follow us in feedly

羊肉四物湯

腎を温め気血を補い、体を養います

羊肉四物湯 小

【材料(4人分)】
羊肉薄切り 200g
じゃがいも 2個
玉ねぎ 1個
キャベツ 300g
にんじん 80g
八角 1片
フェンネル 1g
ねぎ 50g
生姜 20g
紹興酒 大さじ1
塩 小さじ1強
香菜 少々
四物湯加減 : 当帰・熟地黄・芍薬・川芎 各3g

【作り方】

  1. 四物湯・八角・フェンネルを5カップの水に20分間浸け、40分煎じて薬汁を取る。
  2. 材料は食べよい大きさに切る。
  3. 薬汁に2・ねぎ・生姜を加えて煮る。
    野菜が柔らかくなったら羊肉を加えて、仕上げに紹興酒・塩・香菜を加える。

【効能】
当帰 : 温甘/肝肺心/補血活血
熟地黄 : 微温甘/肝腎/養血滋陰
芍薬 : 微寒苦酸/肝脾/養血平肝
川芎 : 温辛/肝胆/活血行気
羊肉 : 温甘/脾腎/益気補虚・温中暖下

1人分 187 Kcal : たんぱく質 11.8 g/脂質 7.3 g/Ca 54.0 mg/Nacl 1.6 g

 

follow us in feedly