とろろ汁

山芋(または長芋)は臓腑の気を補う食材。いりこ入りの昆布だしは熱を取るため、暑さで食欲がないときにお勧めです。

【 材料(2人分)】

山芋(または長芋)    200g
昆布だし汁         400ml
いりこ粉末            5g
味噌             20g
白胡麻        少々
刻み海苔            少々

【 作り方 】

  1. 山芋をすりおろしておく。
  2. 昆布だし汁にいりこの粉末を入れ、沸騰直前まで温める。
  3. 2に味噌を溶かし、1を流し入れる。
  4. 器によそい、白胡麻と刻み海苔をのせる。

薬膳素材(例えばクコの実・棗など)は購入できます。
購入ご希望の方は下のリンクからお申し込みください。
ここをクリック ➡ 食薬購入

いんげんと苦瓜のサラダ

小暑(しょうしょ)にお勧めのレシピ
南風が吹いて日増しに暑くなっていき、本格的な夏が始まる時期です。
このころは雨も良く降りますので、消化機能に関わる脾を補養し、暑さからくる熱を取り除きましょう。

薬膳素材(例えばクコの実・棗など)は購入できます。
購入ご希望の方は下のリンクからお申し込みください。
ここをクリック ➡ 食薬購入

とうもろこしと黒胡椒ごはん

梅雨にお勧めのレシピ
身体に溜まった余分な水分を排泄します。

【 材 料(2人分)】
粳米         1カップ
とうもろこし     1/2本
あらびき黒胡椒    小さじ1/2弱

【 作り方 】

  1. 粳米は洗ってザルにあげる。とうもろこしは皮とひげを取り除く。
  2. 炊飯器に粳米、黒胡椒、水1カップを入れて軽く混ぜる。
  3. とうもろこしをのせて炊く。炊きあがったらとうもろこしの粒を芯からはずし、ごはんに混ぜる。

薬膳素材(例えばクコの実・棗など)は購入できます。
購入ご希望の方は下のリンクからお申し込みください。
ここをクリック ➡ 食薬購入