水無月(みなづき)

京都では昔から6月の暑気払い(水無月祓い、名越の祓い)に作られているお菓子です。
今も6月後半にはどこの和菓子屋さんもこのお菓子であふれています。
暑い夏に氷室から切りだした氷をイメージして三角形に形づくられた葛のお菓子です。

【 材料(18㎝角枠)】
① 砂糖      55g
  水     100g
② くず粉     20g
  白玉粉     27g
  水        220g
③ 砂糖       160g
  上用粉     75g
  小麦粉     60g

かのこ大納言  100g

【 作り方 】

  1. ①を鍋に入れ沸騰させて砂糖を溶かし、粗熱をとっておく。
  2. ボールに②の白玉粉を入れ、水を少しずつ加えて練り、くず粉も入れて、なめらかにする。
  3. 2に1をいれて混ぜる。
  4. ③を一緒にしてふるい、3に入れ混ぜる。
  5. 4の1/5を別容器にとり、残りを湯煎にして少しとろみをつける。
  6. 角枠に5を流し入れ7分蒸して、かのこ大納言を散らす。
  7. 別容器に取っておいた1/5の種を6の上に流し入れ、更に10分蒸す。
  8. 蒸し器から出して冷まし、角枠から取り出して切り分ける。

薬膳素材(例えばクコの実・棗など)は購入できます。
購入ご希望の方は下のリンクからお申し込みください。
ここをクリック ➡ 食薬購入

桃山(ももやま)

脾の気を補います。
気虚体質にお勧め

【 材料(10個分)】
中あん
 小豆こしあん 50g
 白あん    50g

 白あん    350g
 茹で卵黄    2個
 砂糖       15g
 生卵黄      10g
 寒梅粉     8g
 水あめ     7g
 みりん     7g

【 作り方 】

  1. 白あんを電子レンジで加熱して水分をとばす。
  2. 茹で卵黄の裏ごしと砂糖を混ぜ、1 に加えて混ぜ合わせる。
  3. 寒梅粉を加えて混ぜ、生卵黄を入れる。
  4. 水あめとみりんをよく混ぜ、3 に入れる。
  5. 小豆こしあんと白あんを混ぜて10等分にして丸める。
  6. 4 を10等分にして包あんし、形をととのえる。
  7. みりんを塗って200℃で7~8分焼く。

薬膳素材(例えばクコの実・棗など)は購入できます。
購入ご希望の方は下のリンクからお申し込みください。
ここをクリック ➡ 食薬購入