西王母

健脾益気西王母1

【材料(10個分)】
中あん
 黄身あん
  白あん 200g
  卵黄 1個

白あん 40g
砂糖 65g
水 60g
上用粉 25g
小麦粉 13g
餅粉 10g
片栗粉
オブラート粉

【作り方】

  1. 白あんに卵黄を入れて均一に混ぜ、電子レンジで加熱し粗熱を取って10等分にし丸める。
  2. ボウルに白あんと水を入れてホイッパーでとかす。
  3. 砂糖、上用粉、小麦粉、餅粉合わせて、2に入れ混ぜる。薄緑に着色し蒸す。
  4. 蒸しあがった生地をボウルにとり搗いてまとめ、30gを赤に着色する。
  5. 生地を片栗粉にとってそれぞれ10等分にする。
  6. 薄緑の生地で赤生地を包み、それで黄身あんを包む。
  7. 桃の形にし、オブラート粉をまぶして仕上げる。

【効能】
卵黄 : 平、甘/肺脾心肝腎/滋陰潤燥、養血安胎
上用粉 : 平、甘/脾胃/補中益気、補益脾胃
小麦粉 : 涼、甘/心脾腎/清熱除煩
餅粉 : 温、甘/脾胃肺/補中益気

【解説】
餅種の一種ですが、生地にあんが入っているので透明感のある仕上がりになります。
西王母(せいおうぼ)は中国で大変おめでたいとされている桃のことで、いろいろなお祝いごとに使われます。
よく目にするのは蒸しまんじゅうの西王母でしょうか。

焼きわらび

益気健脾焼きわらび

【材料(3本分)】
中あん
白あん 250g
抹茶 1.5~2g

卵 50g
砂糖 50g
小麦粉 50g
水 50g
蜂蜜 3g

【作り方】

  1. 砂糖と卵を合わせて泡立てる。
  2. 1に蜂蜜を入れて軽く混ぜ、小麦粉も入れて混ぜる。
  3. 2に水を入れてゆるめる。
  4. 3をホットプレートで10×17cmに焼いて両端を軽く巻く。
  5. 棒状にした抹茶あんを中央において二つに折り形をととのえる。
  6. 冷めたら切り分ける。

【効能】
白あん : 平、甘/脾胃/健脾化湿
卵 : 平、甘/肺脾心肝腎/滋陰潤燥、養血安胎
小麦粉 : 涼、甘/心脾腎/清熱除煩

【解説】
平なべものといわれる焼き菓子です。
きれいな焼き色がこのお菓子の特徴なので、蜂蜜を加えて焼き色をつきやすく しています。

うぐいす餅

健脾利湿

うぐいす餅2

【材料(10個分)】
中あん
小豆こしあん 250g

もち粉 70g
砂糖 70g
水 70g
卵白 5g
うぐいすきな粉* 適量

*うぐいすきな粉…緑色のきな粉。 大豆を炒ってからひいて粉にしたもの。
大豆の種類により黄色と緑色がある。
きな粉は鮮度が大切、味が落ちやすいので新しいものを使う。

【作り方】

  1. もち粉と砂糖をよく混ぜて水を加え、均一になったら強火で15~20分蒸す。
  2. 蒸しあがった1を鍋に入れて弱火にかけ、卵白を加えてよく練る。
  3.  2をきな粉の上に取り出し10等分にする。
  4. 中あんを10等分にして丸め、きな粉を手粉にして包あんし、鴬の形にする。
  5. 茶こしで上からきな粉をかける。

【効能】
小豆こしあん : 平甘、酸/心小腸/利尿除湿
もち粉 : 温、甘/脾胃肺/補中益気、健脾止瀉
きな粉(大豆) : 平、甘/脾胃大腸/健脾益胃、潤燥利尿

【解説】
餅種の中でも「ぎゅうひ」に近いものです。
柔らかくて口あたりがよく、翌日位までは美味しく食べられます。
うぐいす餅…春告げ鳥といわれている鴬をかたどった昔から多くの人に親しまれている お菓子です。