クコの実入り緑豆の水ようかん

小満(しょうまん)にお勧めのレシピ

枸杞子(クコの実)と牛乳で本番の夏に消耗しやすい陰液を潤わせ、緑豆や抹茶の清熱解暑の働きを活かして 疲れが溜まらないようにします。
牛乳羹(かん)と緑豆羹の二層になった水ようかんです。

薬膳素材(例えばクコの実・棗など)は購入できます。
購入ご希望の方は下のリンクからお申し込みください。
ここをクリック ➡ 食薬購入

おぼろまんじゅう

脾の気を補います‼

【 材料(10個分)】
中あん
 えんどう豆   150g
 (やわらかく煮たもの)
 白あん     150g
小麦粉      30g
ハトムギ粉    20g
小豆こしあん   50g
砂糖       40g
卵白       12g
B.P.     2g

【 作り方 】

  1. 卵白に砂糖を加えてすり混ぜ、小豆こしあんを少しずつ入れて混ぜる。
  2. 小麦粉、ハトムギ粉、B.P.を一緒にふるい、1に入れて混ぜる。
  3. えんどう豆と白あんを混ぜ合わせ、10等分にして丸める。
  4. 小麦粉を手粉にして2を10等分にし、3のあんを包む。
  5. 蒸し器で15分蒸す。
  6. 蒸し上がって粗熱がとれたら薄皮をむいて仕上げる。

薬膳素材(例えばクコの実・棗など)は購入できます。
購入ご希望の方は下のリンクからお申し込みください。
ここをクリック ➡ 食薬購入