三子養親加味茶

83b8381e6065ea6b44fe8dfdcab478d0【材 料】
白芥子 3g
紫蘇子3g
莱菔子 3g
桔梗 3g
杏仁 6g
水 300ml

【作り方】

  1. 土鍋に材料と水を入れて30分間浸ける。 火をつけ、沸騰したら弱火で30分間煎じてから濾す。
  2. 土鍋に再び水200mlを加えて1と同じ方法で煎じる。
  3. 1回目と2回目の煎じ液を混ぜ合わせて飲む。

【解 説】
からし菜の種は白芥子、紫蘇の種は紫蘇子、大根の種は莱菔子、この3つの種によって作られた方剤は温肺化痰・降気消食の働きのある三子養親湯となります。 桔梗は肺の引経薬としてよく使います。 杏仁は肺を潤し、桔梗とよく組み合わせて呼吸を順調にさせます。

紅花玫瑰茶

1efab8431313eecf4ce6bc2cf0d6122e【材 料】
紅花 3g
玫瑰花 3g
山楂子 6g
水 300ml

【作り方】

  1. 土鍋に材料と水を入れて30分間浸ける。 火をつけ、沸騰したら弱火で15分間煎じてから濾す。 土鍋に再び水200mlを加えて1と同じ方法で煎じる。
  2. 1回目と2回目の煎じ液を混ぜ合わせて飲む。

【解 説】
紅花は身体を温めて血流を促進する食薬です。 似たもののサフランがあります。 昔、チベット(中国名は西蔵)から中国に入るため、西蔵の紅花を表示する蔵紅花の名前もあります。

※ 紅花は温性でサフランは涼性ですので、使い分けがあります。

紫蘇茶

【材料】
紫蘇 3g
薄切り生姜 2枚
黒砂糖 適宜
水 300ml

【作り方】

  1. 生姜は細切りにする。
  2. 土瓶に紫蘇は、水に30分間浸ける。
  3. 蓋をして火をつけて、沸騰したら生姜を加え、火を止めて5分位蒸らします。 漉して黒砂糖を好みで入れて、温かいうちに飲みます。

【解説】
 紫蘇の葉は紫蘇葉(蘇葉)、紫蘇の茎は紫蘇梗(蘇梗)、紫蘇の種は紫蘇子(蘇子)のそれぞれの名前があります。 日本では新鮮な葉を大葉という名前もあります。 また、赤い紫蘇と緑紫蘇の色により名前が変わることもあります。 効能においては同じように考えます。夏秋に収穫してから太陽に当たらないところに乾燥させて保存して使います。かぜの初期に勧めます。