梅花茶

【材 料】
緑萼梅 3g
玫瑰花 2g
姜黄 3g
湯 300ml

【作り方】

  1. 急須を100ml湯で温めてから材料を入れて200ml湯を注ぎ、5分間蒸らしてから濾す。
  2. 急須に再び湯200mlを加えて5分間蒸らす。
  3. 1回目と2回目の薬汁を混ぜ合わせて飲む。

【解 説】
緑蕚梅は梅の花で、玫瑰花と同じ疏肝解鬱の作用があり、ストレスによる胸痛・ため息・精神不安を改善します。 姜黄はいわゆる黄色のウコンです。 強く血の流れ、気の巡りを促進し、胸痛・動悸を改善します。

板藍根茶

b201104281638463929【材料】
板藍根 5g
生甘草 3g
蜂蜜 適宜

【作り方】

  1. 板藍根と甘草を水300mlで20分浸けてから10分煎じる。
  2. 蜂蜜を入れて飲む。

【解説】
板藍根は秋に根茎を掘り出して綺麗に洗ってから乾燥させます。 板藍根は日本では食品と指定されていますが、中医学では清熱解毒の中薬です。 脾胃の弱い場合には使用禁忌となっています。 かぜによるのどの痛みに勧めます。

 

仏手ジャスミン茶

e8b894c75e76bf91f976bb4f85a635f8【材 料】
仏手6g
ジャスミン 3g
水 400ml

【作り方】

  1. 土鍋に仏手と水を入れて30分間浸ける。 火をつけ、沸騰したら弱火で30分間煎じてから濾す。
  2. 急須にジャスミンを入れて、1の薬汁を注ぎ、3分間を蒸らす。

【解 説】
仏手の形は仏さまの手のような形をしているため、その名前の由来になっています。 観賞植物によく使われている柑橘類です。