棗(なつめ)玉ねぎだれの牛肉巻

気と血を補います。 心脾両虚証・心神不安証におすすめ★

【材料(4人分)】
牛もも肉薄切り 320g
にんじん 1/2本
ほうれん草 1束
にんにく・生姜 各1かけ
油 大さじ2
塩・粉胡椒 適宜
片栗粉 適宜

玉ねぎ 1個
ごま油 少々
棗 12個

A :
紹興酒 大さじ2
しょう油 大さじ1
黒酢 小さじ1
棗のもどし汁 大さじ4
塩・粗挽き胡椒 適宜

【作り方】

  1. 棗は熱湯に30分以上浸け置いてから柔らかくなるまで煮て、種を取り除いて刻む。
    にんじんは3~4cmの拍子切りにして茹でておく。
    ほうれん草はさっと茹でて水に放ち、水気を絞って3~4cm長さに切っておく。
    生姜とにんにくはみじん切りにしておく。 玉ねぎは薄切りにしておく。
  2. にんじんとほうれん草を牛肉で巻き、塩・粉胡椒して片栗粉を薄くつける。
  3. フライパンに油と生姜とにんにくを入れて火をつけ、香りが出たら牛肉を入れて焼く。
    取り出して、切り口が見えるように斜めに切る。
  4. 同じフライパンにごま油と玉ねぎを入れて炒め、棗と残りのAの材料を加えて煮詰め、牛肉にかける。

【効能】
棗: 甘、温/脾胃/補中益気(臓腑の働きを高めて疲れ、食欲不振、めまいを改善)、養血安神(血を補い、精神を安神させて、動悸、不眠、イライラを改善)
にんじん: 甘、平(微温)/肺脾胃肝/養血益肝明目(血を貯蔵している肝を補い、目の乾燥、かすみ目、視力低下を改善)、健脾化滞(消化機能を整え、下痢、便秘を改善)
ほうれん草: 甘渋、涼/胃大腸膀胱/養血止血(血を補って貧血症状を改善)
牛肉:甘、平/脾胃/益気健脾(内臓下垂、疲れ、息切れ、めまい、むくみを改善)、養血強壮(気血を補い、足腰に力が入らない、頻尿などを緩和)
葱: 辛、温/肺胃/散寒通陽(冷えによる腹痛、下痢を改善)
生姜: 辛 、微温/肺脾/温胃止痛(脾胃を温め、胃の冷えや痛み、食欲不振、嘔吐を改善)

薬膳素材(例えばクコの実・棗など)は購入できます。
購入ご希望の方は下のリンクからお申し込みください。
ここをクリック ➡ 食薬購入

菊花葛粉茶

桑菊茶

目が赤く、かゆみのある花粉症の方にもお勧め

【材料】
菊花 15g
葛粉 20g
蜂蜜 適量
水 350ml

【作り方】

  1. 土瓶に菊花・水を入れて、20分間置いてから火をつける。 沸騰させてから弱火で10分間煎じる。
  2. 茶碗に葛粉を入れて1を少しずつ注ぎ、練りながら溶かしていく。 少しとろみがあるかなと思うくらい薄めに溶かす。 好みで蜂蜜の量を調節する。 

葛粉は葛の根から採られるデンプンを精製して作られる食用の粉末です。
中薬の葛根(かっこん)は辛涼解表類です。葛粉はその働きがどのぐらい含まれているかよくわかりませんが、かぜの時に葛湯を飲む習慣に合わせて、菊花と組み合わせ、発熱・のどが赤く痛む・目が赤い・発疹などの症状に勧めます。

薬膳素材(例えばクコの実・棗など)は購入できます。
購入ご希望の方は下のリンクからお申し込みください。
ここをクリック ➡ 食薬購入