大根とキャベツの山楂子入り酢の物

脾胃の働きを促進し、消化不良を改善します。

大根とキャベツの山楂子入り酢の物

【材料(4人分)】
大根 10cm
キャベツ 4枚
大葉 8枚
茗荷 2個
塩 少々

A:
山楂子酢 60ml
蜂蜜 大さじ1
醤油 小さじ1
山楂子酢 : 酢60mlに山楂子20gを1週間浸けておく。)

【作り方】

  1. 大根は5cmの輪切りにして皮を剝き、5×1cmの1mm厚さの短冊切り、キャベツは千切りにして、それぞれ塩少々を入れ混ぜておく。
    大葉と茗荷はそれぞれ千切りにしておく。 Aの合わせ酢を作っておく。
  2. 大根とキャベツはそれぞれしっかりと水気を絞る。
  3. すべての材料を混ぜ合わせ、器に盛る。

【効能】
大根 : 辛甘、涼/肺胃/順気消食・下気寛中(消化を促進し、膨満感、吐き気、嘔吐、便秘を改善)
山楂子 : 酸甘、温/脾胃肝/消食化積(肉の食べ過ぎによる膨満感、吐き気、嘔吐、下痢を改善)
キャベツ : 甘、平/腎脾胃/健脾和胃(脾胃の働きを促進し、胸やけ、食欲不振、胃痛を改善)
大葉 : 辛、温/肺脾/行気寛中(気の巡りを改善し、胸焼け、嘔吐を緩和)
茗荷 : 辛、温/肺大腸膀胱/散寒通陽(冷えによる生理不順、生理痛を改善)
酢 : 酸苦、温/肝胃/消食化積(食欲不振、消化不良を改善)

蕎麦四逆茶

2b5348a9edd4d22a2cb3edb50d2921cd【材 料】
韃靼蕎麦の実 30g
枳実 6g
枳殻 6g
陳皮 6g
水 400ml

【作り方】

  1. 蕎麦の実と枳実・枳殻・陳皮をそれぞれ乾煎りにする。
  2. 土鍋に1と水を入れて30分間浸ける。 火をつけ、沸騰したら弱火で30分間煎じてから濾す。 土鍋に再び水300mlを加えて1と同じ方法で煎じる。
  3. 1回目と2回目の煎じ液を混ぜ合わせて飲む。

【解 説】
枳実と枳殻はだいだいです。 枳実は未熟なもので、枳殻は完熟したものです。 両方ともに乾燥させてから保存して使います。

セリ茶

%e3%81%9b%e3%82%8a%e8%8c%b6【材料】
セリ 1束
セロリ 1本
きゅうり 1本
水 500ml

【作り方】

  1. セリとセロリを洗って、1cmの長さで切る。 きゅうりをさいの目に切る。
  2. ミキサーに1と水を入れてからかける。 濾す。

【解説】
セリ・セロリ・きゅうりはみんな清熱類の食材です。 緑の薬茶になります。 特に肥満があって、血圧の高い陽盛体質に勧めたいです。