桜えびと生姜のごはん

腎の陽気を補って温める「温補腎陽」は、陽虚による冷え性におすすめ★

桜エビと生姜のごはん2

【材料(4人分)】
釜揚げ桜えび 100g
粳米 2カップ
生姜 20g
紫蘇 8枚

A
酒 大さじ1
塩 小さじ1/4
しょう油 小さじ1

【作り方】

  1. 生姜は針生姜にする。紫蘇は千切りにする。

  2. Aと合わせて水2カップにして、1の生姜を入れて米を炊く。

  3. 器に盛り、桜えびを載せて、紫蘇を飾る。

桜エビと生姜のごはん1【効 能】
えび : 甘、温/肝、腎、脾、肺/補腎壮陽 (腎の陽気を補い、インポテンツ、足腰に力が入らない、冷えを改善)/温陽開胃(温めて脾胃の機能を高め、胃痛、食欲不振を改善)
生姜 : 辛 、微温/肺、脾/温胃止痛(脾胃を温め、胃の冷えや痛み、食欲不振、嘔吐を改善)
粳米 : 甘、平/脾、胃/補中益気・健脾和胃(脾胃の機能を高め、疲れ、食欲不振を改善)
紫蘇 : 辛、温/肺、脾/行気寛中(気の巡りを改善し、胸焼け、嘔吐を緩和)

レバーソテーの赤ワイン煮

血を補って組織や器官を滋養しながら血の流れを順調にする補血活血は、血虚血瘀による冷え性にお勧め★

レバーソテーの赤ワイン煮2

【材料(4人分)】
鶏レバー 320g
落花生 12g
うずらの玉子 4個
細ねぎ 8本
オリーブオイル 大さじ2
小麦粉 適宜

A
塩ひとつまみ・粉胡椒 少々
おろしにんにく 1片

B
赤ワイン 100ml
干し葡萄 20g
しょう油 大さじ1
蜂蜜 大さじ1
おろしにんにく 1片
三七人参粉 1g

C
塩・粗挽き胡椒 適宜

【作り方】

  1. レバーは堅い筋を除き、緑色っぽい部分などがあれば除く。 水に20分漬けて血抜きする。

  2. 干し葡萄は熱湯でさっと洗って、赤ワインに漬ける。

  3. うずらの玉子は茹でて、殻を剝いておく。

  4. 落花生は粗く刻む。 細ねぎは4cm長さに切る。

  5. 1はよく水気をとり、Aで下味をつけて小麦粉をまぶし、フライパンにオリーブオイルを入れて強火で焼き、Bを加えてレバーが固くならないように煮詰め、Cで味を整える。

  6. 皿に盛り、4を載せてうずらを添える。

【効能】
レバー : 甘・苦、温/肝/養血補肝明目(血を貯蔵している肝を補い、貧血、栄養不良、視力低下、母乳不足を改善)
落花生 : 甘、平/肺、脾/補血止血(血を補い、貧血、めまい、動悸、不眠、不正出血を改善)/補脾潤肺・和胃醒脾(脾胃の虚弱を補い、食欲不振、便秘を改善)
葡萄 : 甘・酸、平/脾、肺、腎/補気養血安胎(気血を補い、貧血を改善し、切迫流産を予防する)/強壮筋骨(筋骨を補い、リウマチや下肢の痛みを緩和/利尿消腫:利尿作用によりむくみを改善)
うずらの玉子 : 甘、平/脾、肝、腎/補虚強骨足腰(倦怠感、めまい、記憶力低下を改善)/補気益血(気血を補い、貧血、精神不安を改善)
三七人参 : 甘・微苦、平/肝、胃/化瘀止血(血瘀による出血を改善)/活血定痛(血の流れを促進し血瘀による痛みを止める)

 

follow us in feedly

スナップえんどうと干しえびの酸辣湯

気の巡りを促進し、血の流れを順調にする理気活血は、気滞血瘀による冷え性にお勧め★

スナップえんどうと干しエビの酸辣湯2

【材料(4人分)】
スナップえんどう 100g
パプリカ 1/2個
干し椎茸 2枚
ごま油 大さじ1
酒 大さじ1
片栗粉 大さじ1

A
干しえび 20g
生姜 10g
おろしにんにく 1片

B
米酢 大さじ2
ラー油 小さじ2
魚醤 大さじ2
粗挽き胡椒 小さじ1/4

【作り方】

  1. 干し椎茸は水で戻して細切りにして、戻し汁もとっておく。

  2. 干しえびは細かく刻む。 生姜は針生姜にする。

  3. スナップえんどうはすじをとって半分に切り、パプリカはスナップえんどうに大きさを合わせて切る。

  4. 鍋にごま油とAを入れて弱火で炒めてから、水600mlと1と酒を入れて5分煮て、3をいれる。

  5. 沸騰したらBを加えて味を調え、水溶き片栗粉を加える。

【効能】
えんどう豆 : 甘、平/脾、胃/健脾益気・健胃利湿(消化機能を整え、食欲不振、嘔吐、下痢を改善)
えび : 甘、温/肝、腎、脾、肺/補腎壮陽(腎の陽気を補い、インポテンツ、足腰に力が入らない、冷えを改善)/温陽開胃(温めて脾胃の機能を高め、胃痛、食欲不振を改善)
酢 : 酸・苦、温/肝、胃/活血散瘀(血の流れを促進し血瘀を改善)
唐辛子 : 辛、熱/心、脾/温中散寒(内臓を温め、腹部と胸と背中の冷えや痛みを除く)/健脾消食(消化機能を整えて食欲不振、消化不良を改善)

 

follow us in feedly