みかんの皮入りそばがき汁

気の巡りを改善します。 肝気鬱結証におすすめ★

【材料(4人分)】
そば粉 160g
みかんの皮(乾燥) 1個分
三つ葉 1/2束
七味唐辛子 少々
かつお節 20g
だし昆布 5cm角
干し椎茸 4枚

A :
酒 大さじ2
みりん 大さじ1
醤油 大さじ2
塩 小さじ適宜

【作り方】

  1. 干し椎茸とみかんの皮はそれぞれ水で戻しておく。
    椎茸は細切りに、みかんの皮は千切りにしておく。
    だし昆布は800mlの水に浸けておく。
    三つ葉は葉と茎をわけて、茎を3cm長さに切っておく。
  2. 出汁をとる。
    だし昆布を浸けておいた水を火にかけて沸騰する前に昆布を取り除き、かつお節を加えて沈め、沸騰したら火を止めて2分おいて、キッチンペーパーで漉す。
    干し椎茸の戻し汁と出汁を合わせて800 mlにし、Aと干し椎茸を加えて沸騰させ、三つ葉の茎を加える。
  3. そばがきを作る。鍋にそば粉を入れ、水400mlを加えてよく溶かしてから火にかける。
    中火~強火で木べらなどで焦げないように良く混ぜる。
    粘ってきたら弱火にして艶が出るまで練る。
  4. そばがきをスプーンで食べやすい大きさに形を整えて器に入れ、汁を注ぎ、みかんの皮と三つ葉の葉を載せ、七味唐辛子を振る。

【効能】

そば : 甘、平/脾胃/補中益気・健脾和胃(脾胃の機能を高め、疲れ、食欲不振を改善)
みかんの皮 : 辛・苦、温/肺脾/理気調中(気の巡りを整え、膨満感、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢を改善)、燥湿化痰(体の余分な水分を乾燥させて、痰を除き、胸苦しさを改善)
椎茸 : 甘、平/胃/補気益胃(胃の機能を高め、脾胃虚弱の食欲不振、胃痛、げっぷ、嘔吐を改善)
唐辛子 : 辛、熱/心脾/温中散寒(内臓を温め、腹部と胸と背中の冷えや痛みを除く)、健脾消食(消化機能を整えて食欲不振、消化不良を改善)

大根とキャベツの山楂子入り酢の物

脾胃の働きを促進し、消化不良を改善します。

大根とキャベツの山楂子入り酢の物

【材料(4人分)】
大根 10cm
キャベツ 4枚
大葉 8枚
茗荷 2個
塩 少々

A:
山楂子酢 60ml
蜂蜜 大さじ1
醤油 小さじ1
山楂子酢 : 酢60mlに山楂子20gを1週間浸けておく。)

【作り方】

  1. 大根は5cmの輪切りにして皮を剝き、5×1cmの1mm厚さの短冊切り、キャベツは千切りにして、それぞれ塩少々を入れ混ぜておく。
    大葉と茗荷はそれぞれ千切りにしておく。 Aの合わせ酢を作っておく。
  2. 大根とキャベツはそれぞれしっかりと水気を絞る。
  3. すべての材料を混ぜ合わせ、器に盛る。

【効能】
大根 : 辛甘、涼/肺胃/順気消食・下気寛中(消化を促進し、膨満感、吐き気、嘔吐、便秘を改善)
山楂子 : 酸甘、温/脾胃肝/消食化積(肉の食べ過ぎによる膨満感、吐き気、嘔吐、下痢を改善)
キャベツ : 甘、平/腎脾胃/健脾和胃(脾胃の働きを促進し、胸やけ、食欲不振、胃痛を改善)
大葉 : 辛、温/肺脾/行気寛中(気の巡りを改善し、胸焼け、嘔吐を緩和)
茗荷 : 辛、温/肺大腸膀胱/散寒通陽(冷えによる生理不順、生理痛を改善)
酢 : 酸苦、温/肝胃/消食化積(食欲不振、消化不良を改善)

とうもろこし茶

【材料】
ひげと皮つきとうもろこし 1本
水 800ml
塩 少々

【作り方】

深い鍋に材料と水を入れ30分間煮る。 漉して塩で味をつける。

【解説】
 とうもろこしのひげは「玉米鬚」という中薬の名前があり、利水滲湿類に属し、利尿によってむくみ・小便不利と黄疸に使います。 玉蜀黍の外皮のみ取り、茹でてから茹で汁を茶として飲みます。