タコ飯

血と気を補って貧血症状を改善します
血虚体質、気血両虚体質にお勧め‼

【 材料(4人分) 】
蒸しタコ150g 
米2合 
にんじん60g 
アスパラガス1/2束 
油揚げ1枚 
だし昆布5cm角1枚
A:醤油大さじ2 
  みりん大さじ2 
  酒大さじ1 
  生姜10g

【 作り方  】

  1. 昆布を少量の水に浸けておく。タコは5mm程の厚さにそぎ切りしておく。生姜は針生姜にしておく。にんじんは7mm角に切っておく。アスパラガスはさっと茹で、穂先を残して小口切りにしておく。油揚げは油抜きして1cm角に切っておく。米はといで、半量の水に浸けておく。
  2. タコを煮る。Aにタコと生姜を入れて火をつけ、沸騰したら火を止めて冷まし、具と煮汁に分ける。
  3. ①の米に②の煮汁と昆布だしを合わせて水加減をして、タコ、にんじん、油揚げを入れて炊く。
  4. 炊き上がったらアスパラガスを加え、全体を混ぜて器に盛り、穂先を飾る。

【  効能  】 
タコ:甘、鹹、寒/脾、肝/養血益気:血と気を補って、疲れ、息切れ、めまいなどを改善
にんじん:甘、平(微温)/肺、脾、胃、肝/健脾化滞:消化機能を活発にして食欲不振、下痢、便秘を改善
粳米(うるち米):甘、平/脾、胃/補中益気・健脾和胃:脾胃の機能を高め、疲れ、食欲不振を改善
アスパラガス:甘、苦、微温/滋陰生津止渇:陰を補い津液を生じさせ、発熱、喉の腫れや痛みと渇き、便秘を改善/潤燥止咳:潤して空咳を止める。

青椒牛肉絲(牛肉とピーマンの細切り炒め)

陰陽のバランスをとりながら、気を補い、脾を養って疲労感を改善します。

【 材料(4人前)】
牛もも肉(焼肉用)200g
 下味:塩、こしょう各少々
    酒小さじ1
    とき卵1/2個分
    片栗粉大さじ1
もやし150g
ピーマン2個
ねぎ3cm
しょうが1かけ
赤ピーマン1個
:しょうゆ大さじ1
  スープ大さじ2
  酒大さじ1 1/2
  砂糖小さじ1
  オイスターソース大さじ1
  こしょう少々
  片栗粉小さじ1 + 水小さじ2
  ごま油小さじ1
  油適量

【 作り方 】

  1. 牛肉は3mm幅くらいに切り、下味を順にもみこむ。
  2. もやしはひげ根をとり、ピーマンは肉と同じくらいの細切りにする。
  3. ねぎは1cm角に、しょうがは同じ大きさの薄切りにする。
  4. Aを合わせる。
  5. 油通しをする。中華鍋を煙が立つくらいに熱し、油を入れて160℃にする。牛肉を入れて、さい箸でほぐすように混ぜ、20~30秒して牛肉全体の色が変わったら、もやし、ピーマンを加え、すぐに全部とり出す。
  6. 鍋の油を空けて強火にかけ、油大さじ1を入れる。1を炒め、香りが出たら5とAを加え、手早く炒める。最後にごま油を回し入れる。

 

現代の名工 山岡洋先生の中華料理講座8月28日(月)

ホテルハイアットリージェンシーの元東京総料理長、山岡洋先生の講座です。

平成24年に「卓越した技能者(通称「現代の名工」)」として表彰され、“食の幸せが家庭に幸福をもたらす”という意味の「口福」を念頭に中医薬膳学と日本の食養生を融合させ、現在「PRIVATE CHEFF‘S STUDIO 山岡」のオーナーでいらっしゃる山岡洋先生から直接、料理を学ぶチャンスです。

 

まだ、お申込を受付けておりますので、ご興味のある方は是非、お問い合わせください!
山岡洋先生の中華料理講座8月28日(月)10時~13時