薬膳料理で元気に過ごしましょう‼

今年も旧正月(1月25日)の時期に中国からの旅行客を迎えるため、商店街やデパート、観光地では沢山の商品を用意し準備していました。

しかし、中国の武漢で発生した新型コロナウイルス感染症(新型冠状病毒肺炎)のニュースが台風のように入ってきました。2月10日までに中国で診断された患者数は40,235例となり、全快した数は3,283例ですが、死亡数909例となっています。この新型肺炎は中国から多くの国に及び、世界公衆衛生の緊急問題となっています。

各国から、特に日本政府や民間企業、団体から多大な支援を中国に送っています。私も日本中医協会の仲間と一緒に、物資や集まったお金を中国に送り、微力しながら応援をしています。

中国では西洋医学の治療以外に国家中医薬管理局が臨床の専門家が集まり、『傷寒雑病論』の麻杏石甘湯・射干麻黄湯・小柴胡湯・五苓散のいくつかの処方を加減して作った「清肺排毒湯」(麻黄9g 炙甘草6g 杏仁9g 生石膏15~30g(先煎) 桂枝9g 沢瀉9g 猪苓9g 白朮9g 茯苓15g 柴胡16g 黄芩6g 姜半夏9g 生姜9g 紫菀9g 款冬花9g 射干9g 細辛6g 山薬12g 枳実6g 陳皮6g 藿香9g)を提案し、一日1剤、水で煎じる、食後40分間温服、一日朝晩2回、3日間1クールに設定し、投薬を行いました。

山西省(感染症119名)・河北省(感染症218名)・黒竜江省(感染症331名)・陝西省(感染症213名)の発熱・咳・のどの痛み・倦怠・食欲がないなど、影像検査で診断された新型コロナウイルス感染症の患者214名に、1月27日から2月5日までの10日間で治療した結果、60%以上の感染者の症状と影像検査が著しく改善、30%の症状が安定し悪化しなかったとのことです。総有効率は90%に達成しているので、この処方を各地に推薦し、西洋医学と中医学の両方の治療を臨床に投入しています。

この新型コロナウイルスは人から人への感染をしますが、日本国内では現在、流行が認められている状況ではありません。このような時でも、通勤電車に乗る人々はほとんどマスクをしています。先日車内が乾燥していたため、のどが涸れて咳が出た時には回りの人々がすぐに避けて行き、苦笑しかできませんでした。

アメリカでは昨年の年末から現在までインフルエンザが流行り、21万人が入院し、死者数は1万2千人になっていることが産経新聞で報道されています。日本でも毎年インフルエンザのために1万人ぐらい亡くなっているそうです。

これらの疫病は国立感染症研究所がまずは、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って口や鼻をおさえる「咳エチケット」や、石けんを使った手洗いなどの感染症対策を行うことが重要だと指導しています。

中医薬膳学としては、疫病の予防として、“正気存内、邪不可干”(体内に体を守る正気があれば邪気の侵入ができない)という教訓があります、病気になるかならないか決定する要素は正気、いわゆる免疫力、身体が持っている病気に対する抵抗(防衛)力と環境の変化に適応する調節力が鍵となります。

この免疫力を高めるために気を補うことは大事です。漢方の「四君子湯」「十全大補湯」「人参養栄湯」「補中益気湯」など、日本の健康保険が使える方剤があります。また、「玉屏風散」(黄耆 白朮 防風)も使えます。

食事は薬膳の料理を薦めます。まず正気を補う食材を選び、免疫力を高めます。それから補った気をよく巡らせ、営養させるために血を補い、体を温める食薬を選びます。下表を参考にしてください。

分類

食材

中薬

気を補う

糯米 粳米 南瓜 隠元 長芋 じゃが芋 キャベツ カリフラワー 椎茸 栗鶏肉 牛肉 うなぎ いわし たら すずき 石持 カツオ さば 鮭 蜂蜜

なつめ 人参 白朮 黄耆 党参 甘草

血を補う

ほうれん草 にんじん いか 葡萄 たこ

当帰 熟地黄 芍薬 竜眼肉

温める

生姜 葱 大葉 玉葱 らっきょう 蜜柑 唐辛子 にら 胡椒 黒砂糖

肉桂 陳皮 青皮

枳実 枳殻

尚、上述の食材と中薬を使って薬膳料理を作る時には、ごはんやお粥、スープ、煮物、炒め物などできるだけ温かい料理をお勧めします。美味しくて温かい薬膳料理を食べれば、体力が高まり、穏やかに日々を過ごすことができます。

もう立春を過ぎましたので、気候は少しずつ温かくなります。新型コロナウイルス感染症もそのうちに消えていくでしょう。みんな、薬膳で元気に頑張りましょう!

薬膳の花咲く

秋葉原駅で“白子駅までのチケットをください”と切符を売る駅員さんに頼みました。しばらくしてから駅員さんが私に“この駅はどこですか? ”と逆に尋ねました。めったに人が行かないあまり知られていない駅だと覚悟しました。東京駅から新幹線に乗り、名古屋駅で近鉄特急に乗り換え、3時間かけて白子駅に着きました。土曜日の白子駅周辺には人がほとんどいなくてとても静かです。

北京中医薬大学の後輩が鈴鹿医療科学大学に務めています。鈴鹿医療科学大学に属する「日本薬膳学会」の第6回学術総会開催通知(2019年12月)を北京中医薬大学の同窓会に送ってきました。どのような学会?どのような活動をしているの?興味津々で申込みしました。好奇心でワクワクし、学習と交流ができればとの気持ちを抱いて白子キャンパスの会場に入りました。熱気溢れる第一、第二会場はほぼ満席です。参加者は400人ぐらいいそうです。駅前で見た静かな町を思い出し、この人たちは一体どこから湧いて出て来たのかしら?と不思議でした。東京から来た何人もの学者の先生方の講演や、イタリア料理人の発表、教員と学生達の調査発表もありました。やはり来てよかったと思い、たくさんの知識を収穫でき、大変啓発されました。

「日本薬膳学会」の代表を務める高木久代教授と浦田繁教授に初めてお目にかかりました。薬膳についての話で盛り上がりました。また中国からの来賓の中に湖南中医薬大学の譚興貴教授のご夫妻と北京中医薬大学の張清怡先生の姿を認め、実に10年ぶりに再会しました。他にも私が書いた専門書の熱心な読者の先生方にお会いできたことは予想外に嬉しかったです。

多くの知識を学んで、友人たちと交流し、美味しい薬膳を食べた楽しい1日は東京に帰る新幹線の車内で終わりました。薬膳の花は世の中のいろいろなところに咲き続けています。

 

ブタペストへ行ってきました

2019年「世界中医薬学会聯合会第十六回世界中医薬大会」に出席するため、11月5日に東京からハンガリーのブタペストへ向かって出発しました。直行便はないため途中でドイツのフランクフルトで乗り換えたので、かえって長時間の旅の疲れが和らぎ、足の脹れが少し緩和されました。そして深夜にブタペストに入りました。

一昨年2018年のローマの大会に参加した際には財布を盗まれて不愉快な思いをしたので、今回は参加しないと考えていましたが、現地の中医師から中医学・薬膳の教育について交流したいと連絡があり、ハンガリーの中医の事情も知りたかったので行くことにしました。

今回の大会は世界三十数か国、八百余りの地域から専門家が参加しました。世界中医薬学会聯合会の桑濱生副出席兼秘書長と中東欧中医薬学会王偉迪執行会長が開幕式の司会を務めました。ハンガリー政府の要人が次々と紹介され、挨拶の言葉を述べました。世界中医薬学会聯合会の馬建中主席は「今、中医薬は183の国家と地域に伝播され、中国政府は40余りの外国政府と地域の関係部門と協力協定を結んでいます。また、WHOの発表により、現在103の会員国は鍼灸の使用を認め、その内18の国は国の医療保険が適用されています」と世界における中医学の実情を述べました。開幕式後に主会場と分科会場で専門家の論文発表、臨床経験の交流などを行いました。私も外国でどのように中医学を広めるか、薬膳からスタートした本草薬膳学院の教育情況を発表しました。参加者は興味深く耳を傾けてくださり、薬膳の教育をハンガリーでもやってほしいというお話もありました。

翌日は第四回第五次理事会、常務理事会及び第五次監事会が開かれました。20余りの国と地域の関係者が参加しました。桑濱生秘書長が司会を務め、馬建中主席は過去一年間の仕事をまとめて報告し、各部門の責任者もそれぞれの状況を説明しました。その中で標準部は本草薬膳学院が中心となって編纂、出版した『中医基本名詞術語中日英対照国際標準』辞典の完成について報告しました。更にスペインの参加者からEUに影響をもたらす中医薬に対する懐疑主義による危害運動に対して“国際中医薬伝統知識の保護”運動を報告しました。また国際基準の改訂や審定について審議し、2020年香港で開催する第十七回世界中医薬大会の準備情況を審査し、正式に決定しました。3日間、緊張感溢れる有意義な世界大会でした。

ブタペストに来るのは今回2回目です。数年前の新年にツアーで来ましたが、その時は余り印象に残りませんでした。今回は個人旅行の形で来ましたので、なんでも自分でやらないといけません。会場に通うためのバスの回数券を購入したいと思い、お金を自動販売機に入れましたが、チケットは出て来きません。機械を叩いても出て来きません。地元の人に助けてもらい「機械の故障かもしれず、あとで調べに来るけれども30日後にチケットセンターでお金を返す」と回答をもらいました。苦笑しかできませんでした。また、一枚一枚のチケットも幅が狭いものと広いもの(狭いものの1.5倍)があり、バスに乗る時は広いものは印字の機械に入れられず、全然使えませんでした。世界を巡って学会に出席しているうちにいろいろな予想外のことに遭遇するので面白いです。