扁鵲(へんじゃく)さんの妹!?

2月に入り、各教室の通学生は卒業実力テストを迎えました。私も一年の中で最も忙しい時期に入り、新規開校予定の広島教室の説明会や各教室の試験のため、飛行機や新幹線に乗って、広島、福岡、大阪、名古屋を回りました。また徳山(山口県)の病院へも今後の薬膳普及のために行ってきました。

入学してから一年間、中医薬膳学の学習をどこまで学生たちが理解し、覚え、応用できるようになっているでしょう?各教室の卒業間近の学生たちはいくつかのチームに分かれて事前に集まり、テストの症例について討論を重ね、各症状を弁証し、意見をまとめて証を決め、立法、材料を選んで薬膳のレシピを作りました。テストは学生数名ごとのチームに分かれ、発表形式で行います。病因・病機・症状分析・立法・処方と自信満々に説明する学生さんの顔を見て、すごく嬉しかったです。本草薬膳学院に入学したばかりの頃、厚い教科書、読めない漢字、奥深い理論、次から次へとある宿題提出に多くの学生が学習は最後まで続けられるかと自信なさそうにしていました。それが一年経ち、こんなに立派に発表できたことをとても喜んでいます。

学生の皆さん、本当によく頑張りました。先生方はよく教えました。皆に感謝します。

教室は各地にありますが、試験問題は同じです。全部で14のチームができ、弁証施膳によって、いろいろな食薬を使って、たくさんの薬膳処方が作られましたが、一つも重複していなかったことに感心しました。理に叶う作品はすべて見た目が綺麗で美味しかったです。

また今年は学生たちのチーム名も面白かったです。「扁鵲さんの妹」チームは、古代の起死回生の名医である扁鵲さんを目指して中医薬膳学を勉強し、人を助けるという気持ちを表現しています。「トゥーランドット」チームはアラビアの『千夜一夜』という王女と王子の愛の物語に由来し、中国では『千夜零一夜』または『天方夜譚』という書名です。こちらは薬膳を通じて家族と社会に愛を広めることを望んでいる学生たちの気持ちが充分に感じられました。また別のチームは「潜龍」とつけました。『易経』に出てくる龍の名前で、薬膳の現状はまだ出世していない水の中に潜み隠れている龍のようだけれども、いつか天に昇り世の中に認められ盛んになることを望んでいる気持ちを表したものでした。学生の中には本当に文学の達人がいます!中医薬膳学に対する情熱に驚きました!

また、中医学理論に叶う「気血津液」「精神安定」、薬膳の道を歩んでいく「本気で薬膳」「薬膳は続くよどこまでも」、今年のオリンピックに合わせた「七輪の口福」、学生のお仕事に合わせる「サルシッチャ」「釈迦力」など面白いチーム名もありました。薬膳を通じて志を同じくする友だちができたと深い印象が残りました。

 

 

思い出の多い一年間

昨年の12月3日、上野公園にある創作中国料理の旦妃楼飯店で、2019年度の講師会兼忘年会を開き、関東在住の先生方が出席しました。

去年は平成から令和に変わり、本草薬膳学院は設立してから17年となりました。昨年から学校の体制は新しく「株式会社本草薬膳」となり、仕事を少しずつ整理して責任を分担し、教務部と事業部を作りました。職員の皆さんは引き続き協力しながら順調に業務に勤しんでいます。

昨年も東京本校、福岡教室、大阪教室、名古屋教室において「中医薬膳師」の基礎教育を行い、東京本校では更に実力をつける研究科の教育も充実し、新たに「西洋医学・疾病研究科」や「ツボ講座研究科」、「弁証論治基礎研究科」も開講しました。 

通信生・オンライン生の増加に伴い、一昨年の夏期・冬期スクーリングでは教室が満員でしたので、それを緩和するために秋期スクーリングも設けました。また認定講師の個人教室から家庭薬膳アドバイザーが誕生しました。

公開講座もますます充実しています。中国語講座は初級だけでしたが、継続して学習している方のために中級も増設しました。気功の講座も継続して開講し、お菓子を楽しむ・中国料理・イタリア料理講座などの公開講座は好評で定着した講座となりました。薬膳1dayレッスンは薬膳の入門講座として開設しました。更に大学の教授をお招きして公衆衛生学の講座も行い、幅広い知識の向上に繋がるよう考えました。

また昨年から新たに「卒業生の活躍」というシリーズを計画し、まず薬剤師の卒業生に依頼して「がんの中医学養生」の講演会を開き、大変好評を得ました。

毎年恒例の国際薬膳師試験や国際中医師試験も予定通りに行われ、多くの合格者を送り出しました。他にも学院の窓口としての役割もある季刊誌「本草つうしん」を引き続き発行しています

それから学院監修の「薬膳コーディネーター講座(株式会社ユーキャン)」は7年となり、数多くの受講生が修了しました。

2017年に世界中医薬学会聯合会と契約した『中医基本名詞術語中日英対照国際標準』の翻訳、編集は学院が中心となって編纂し、約2年かけて10月に正式に出版(東洋学術出版社)しました。

他にも食薬の販売方法などを職員たちが工夫して、少しずつ売れるようになりました。

2019年は本当に収穫が多い、充実した思い出の多い一年間になりました。これらは講師と職員が力を合わせた努力によるものです。

今年の4月には広島教室と大阪教室の土日コース、福岡・大阪研究科を開講する予定です。また学院のInstagramと、Facebookの開設を目指して準備中で、主に公開講座の情報、薬膳料理の紹介などの発信を予定しています(時期未定)。

より専門性の高い、本格的な中医薬膳学の教育を普及するという目標を達成しながら、学院は発展し続けています。改めて講師の先生方と職員の皆さまにお礼を申し上げます。

もうすぐ新学期です。令和2年にあたり、講師の先生方のさらなるご活躍をお祈りし、昨年同様ご指導いただき、引き続きご協力をお願いいたします。

薬膳料理で元気に過ごしましょう‼

今年も旧正月(1月25日)の時期に中国からの旅行客を迎えるため、商店街やデパート、観光地では沢山の商品を用意し準備していました。

しかし、中国の武漢で発生した新型コロナウイルス感染症(新型冠状病毒肺炎)のニュースが台風のように入ってきました。2月10日までに中国で診断された患者数は40,235例となり、全快した数は3,283例ですが、死亡数909例となっています。この新型肺炎は中国から多くの国に及び、世界公衆衛生の緊急問題となっています。

各国から、特に日本政府や民間企業、団体から多大な支援を中国に送っています。私も日本中医協会の仲間と一緒に、物資や集まったお金を中国に送り、微力しながら応援をしています。

中国では西洋医学の治療以外に国家中医薬管理局が臨床の専門家が集まり、『傷寒雑病論』の麻杏石甘湯・射干麻黄湯・小柴胡湯・五苓散のいくつかの処方を加減して作った「清肺排毒湯」(麻黄9g 炙甘草6g 杏仁9g 生石膏15~30g(先煎) 桂枝9g 沢瀉9g 猪苓9g 白朮9g 茯苓15g 柴胡16g 黄芩6g 姜半夏9g 生姜9g 紫菀9g 款冬花9g 射干9g 細辛6g 山薬12g 枳実6g 陳皮6g 藿香9g)を提案し、一日1剤、水で煎じる、食後40分間温服、一日朝晩2回、3日間1クールに設定し、投薬を行いました。

山西省(感染症119名)・河北省(感染症218名)・黒竜江省(感染症331名)・陝西省(感染症213名)の発熱・咳・のどの痛み・倦怠・食欲がないなど、影像検査で診断された新型コロナウイルス感染症の患者214名に、1月27日から2月5日までの10日間で治療した結果、60%以上の感染者の症状と影像検査が著しく改善、30%の症状が安定し悪化しなかったとのことです。総有効率は90%に達成しているので、この処方を各地に推薦し、西洋医学と中医学の両方の治療を臨床に投入しています。

この新型コロナウイルスは人から人への感染をしますが、日本国内では現在、流行が認められている状況ではありません。このような時でも、通勤電車に乗る人々はほとんどマスクをしています。先日車内が乾燥していたため、のどが涸れて咳が出た時には回りの人々がすぐに避けて行き、苦笑しかできませんでした。

アメリカでは昨年の年末から現在までインフルエンザが流行り、21万人が入院し、死者数は1万2千人になっていることが産経新聞で報道されています。日本でも毎年インフルエンザのために1万人ぐらい亡くなっているそうです。

これらの疫病は国立感染症研究所がまずは、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って口や鼻をおさえる「咳エチケット」や、石けんを使った手洗いなどの感染症対策を行うことが重要だと指導しています。

中医薬膳学としては、疫病の予防として、“正気存内、邪不可干”(体内に体を守る正気があれば邪気の侵入ができない)という教訓があります、病気になるかならないか決定する要素は正気、いわゆる免疫力、身体が持っている病気に対する抵抗(防衛)力と環境の変化に適応する調節力が鍵となります。

この免疫力を高めるために気を補うことは大事です。漢方の「四君子湯」「十全大補湯」「人参養栄湯」「補中益気湯」など、日本の健康保険が使える方剤があります。また、「玉屏風散」(黄耆 白朮 防風)も使えます。

食事は薬膳の料理を薦めます。まず正気を補う食材を選び、免疫力を高めます。それから補った気をよく巡らせ、営養させるために血を補い、体を温める食薬を選びます。下表を参考にしてください。

分類

食材

中薬

気を補う

糯米 粳米 南瓜 隠元 長芋 じゃが芋 キャベツ カリフラワー 椎茸 栗鶏肉 牛肉 うなぎ いわし たら すずき 石持 カツオ さば 鮭 蜂蜜

なつめ 人参 白朮 黄耆 党参 甘草

血を補う

ほうれん草 にんじん いか 葡萄 たこ

当帰 熟地黄 芍薬 竜眼肉

温める

生姜 葱 大葉 玉葱 らっきょう 蜜柑 唐辛子 にら 胡椒 黒砂糖

肉桂 陳皮 青皮

枳実 枳殻

尚、上述の食材と中薬を使って薬膳料理を作る時には、ごはんやお粥、スープ、煮物、炒め物などできるだけ温かい料理をお勧めします。美味しくて温かい薬膳料理を食べれば、体力が高まり、穏やかに日々を過ごすことができます。

もう立春を過ぎましたので、気候は少しずつ温かくなります。新型コロナウイルス感染症もそのうちに消えていくでしょう。みんな、薬膳で元気に頑張りましょう!