韓国随筆

 広尾にある韓国文化館で「執念」という韓国の映画を観ました。 日本語字幕があり、見辛くて眠くなってしまいました。 朦々朧々の状態の中で映画がだんだん面白くなって目が覚め、最後まで一生懸命観ていました。
 ブームになった韓国のドラマによって韓国の伝統医学のことは、よく知られるようになりました。 映画「執念」は名著『東医宝鑑』を著し、韓醫の第一人者と尊敬されている許浚(ホ・ジュン1546~1615)の一生の物語です。
映画の基となった小説の『許浚』は、300万部のベストセラーになったそうです。 平民出身の許浚が医者の道を志し多くの患者を診察し、医科を受験して国王の待医になるまでの話です。 許浚の師は、名誉や地位に走った医者の息子を諦め、第一回目の医科受験に患者を治療するために遅れ、失格した許浚を教育することにしました。 解剖ということがない時代に、身体の構造を分かるために許浚に自分を解剖するようにと遺言を残して自殺しました。 許浚が師の志を尊重し、解剖し、よく学び、最高の成績で医科受験に合格し、国王の待医になったという映画です。 なんとも言えない複雑な五味の気持ちで感動しました。 ぜひ、ご一見をお勧めします。
  「韓国茶・薬膳」4泊5日の韓国の旅で、釜山・慶州・ソウルへ行って来ました。 釜山で東義大学校韓醫大学の金重漢教授と霊山大学校の鄭求学部長と車垠政教授が韓国茶と薬膳料理に案内して下さいました。 慶州では、世界文化遺産に指定された仏国寺・石窟庵を見学しました。
  「チャングムの誓い」のロケ地揚州では、撮影当時のオープンセットがそのまま残る「チャングムの誓いテーマパーク」を興味津々で見てきました。
ソウルでは世界文化遺産の宗廟・尚徳宮を見学し、世界で6番目に大きいという立派な国立中央博物館を見学しました。 今回は韓国薬膳・韓国茶の主題ですので、色々なキムチ・宮廷料理・薬膳料理・鍋料理・酒などを賞味し、茶学院で韓国茶道を体験しました。 韓国の気候や風土に合う穀物と野菜は韓国の食文化の中心であり、発酵食品が発達しています。 中薬も日常生活にもよく取り入れています。 今回は桑葉の漬物、当帰葉の天ぷらも食卓に出て美味しく食べました。
 東アジアでの中国、日本、韓国は国境が近い三つの国です。 同じ漢字を使い、伝統医学もほとんどで「一脈相承」哲学・文化は繋がるところも多いので、更に理解と交流を深めて行きたいと思っています。

李時珍の故郷②

 前から李時珍の故郷を訪ねようと思っていました。 今年の夏にやっと時間を作って行かれるようになりました。 8月15日昼、北京西駅で列車に乗って李時珍の故郷である湖北省平春県へ出発しました。 特急列車が緑色の大地を16時間走って翌日の朝方の4時に平春県につきました。 暗い駅前でタクシーを拾って、40分ぐらい乗ってから車が畑の真中の道に止まりました。 田舎です。 朝霧のなかに「李時珍記念館」が厳かにそびえ立っています。 9時の開館時間まで4時間もあるので、まだ暑くなっていないうち、ゆっくり周辺を散歩して風景を楽しみました。 蓮の花はほとんど咲き終わりましたが、大きな蓮の葉によって緑の海が目の前に広がっていました。大小の湖に真珠を養殖しています。 漁家の船も湖面上に行き交っています。 清新な空気で肺を綺麗に掃除しました。 その後蒸し熱くなってきたので、階段に座り込んで時間を待つしか仕方ありませんでした。

 やっと開館時間になりましたがなかなか開けてくれなかったので、乗った16時間の列車の疲れ、待った4時間の不満で大門を叩きました。 ドアが開き、迎えに出てきた笑顔をみて、今までの怒りが消えてしまいました。 50000平方メートルを占めている記念館は中薬の標本を展示している博物館、文献・書籍・古典の善本を展示している記念館、多くのメーカの贈り物を展示している長廊、百草園と李時珍とご両親が眠っている墓の霊園の五大部分によって構成されています。 園内は参天の大樹、芳香の花草、満池の蓮葉、本当に素晴らしいところです。 今回の目的としては館内展示してある『本草綱目』の各時代の版本を拝見することと墓参りです。 がっかりしたことは館内内装のために貴重な資料は皆他所のところに運ばれて保存されているため、記念館内は工事の道具のみ散乱していました。 中薬の標本は古くて色はほとんど落ちていました。 李時珍が眠っている墓に参り、この偉大な医学者・博物学者・科学者に3回お辞儀をしてから囁いてきました。 “せっかく日本から参りましたが、今度、館内内装する時にはホームページに通告を出すようにお願いいたします”。

黄帝という人物

%e9%bb%84%e5%b8%9d 黄帝は五帝の最初に必ず名前があがる人物として尊敬されています。 黄帝の誕生についても説話があります。

 陜西省の北部に姫水という川のそばの軒轅という丘に有熊国の首領の少典氏が住んでいました。 ある日、少典が妻と仲良く散歩していたときに空から雷が落ち、妻はその瞬間に体の異常を感じました。 まもなく妊娠したことがわかると、天神が誕生するという噂が流れ、元気な男の子が生まれました。

 この国の人々は木・火・土・金・水の五徳の土徳を尊敬し、土の色である黄色を大切にするため、男の子この子には黄帝という名前がつけられました。(「史記・五帝本記」) 成長してたくましく大人になった黄帝は首領となって部落を繁栄させました。

 黄帝は卓越した兵術によって炎帝を敗り、中原地域を統一したので、中華民族の始祖といわれています。 黄帝の時代に、車輪、木船、木造の家、服、暦、文字が発明されたり、桑の園林を蚕を飼って絹を織るなど、文化が大きく発展したことも黄帝が崇められるようになった理由です。 黄帝の名前を使って書いた『黄帝内経』は中医学の経典と大事にされています。

%e9%bb%84%e5%b8%9d%e3%81%ae%e6%b2%bb%e4%b8%96 伝説では、黄帝は110歳まで生きたとされています。 しかし黄帝の故郷では、この年齢で亡くなるのは早い方でした。 『山海経』大荒西経に「有軒轅之国、江山之南栖為吉。 不寿者乃八百歳」とあるように、人々は山の南に住み、新鮮な空気を吸うと同時に、天地の精気によって作られた露を飲んで長寿となり、少なくとも800歳まで生きることができたというのです。

 長寿と食の関わりは古くから重視されていました。 『黄帝内経』81篇の中に、「上古天真論篇」第一をはじめ、健康益寿に関する論述は40篇以上あり、医療より養生の方に重点が置かれているといえます。