薬膳で新年が始まりました!

2019年1月5日、『日本経済新聞』土日版プラス1「何でもランキング」の見開き2ページにわたり「薬膳料理で寒さに打ち勝つ」として特集記事が掲載されました。
これは昨年の11月末に薬膳の専門家団体「日本国際薬膳師会」が新聞社から依頼を受けたものです。「日本国際薬膳師会」は国際薬膳師(士)の有資格者または同等の知識を持つ薬膳の専門家、約500名からなる団体で、本草薬膳学院の卒業生も多数入会しています。

師走にレシピを事前審査するとのことで、時間があまりない中、会の理事のメンバーで急遽テーマに合わせて食材を選択し、レシピを考案しては改善し、まず28のレシピを作りました。そこで審査が行われ8つに絞られました。それから日を改めて、そのレシピを作り、無事撮影が終了しました。年明けに掲載された我が会の理事の薬膳レシピを見て心が温かくなりました。

引き続き今度は日経映像制作本部から掲載された料理の1位と2位とお菓子の1位をテレビに紹介したいとの連絡が入りました。4時間かけて料理を作る過程から撮影し、1月26日に「NIKKEI STYLE on TV」で放送されました。

また、『日本食糧新聞』の「新春の抱負」というコーナーに薬膳分野で活躍する先生方のことが大きく取り上げられ、その一人として紹介していただきました。

今年の新年は薬膳の雰囲気の中からスタートしました。

「人生100年時代」になった昨今、薬膳の視点から見た食材の性質・味・効能や調理方法などに対して関心が高まり、自分の年齢、体質や体調などに適した食事を摂ることの大切さが食生活の新しい考え方として注目を集めています。

このように健康を大事にし、食事を重視し、より良い食生活が求められる今の時代、薬膳を勉強して、専門家になることは世の中の動きと一致し、今後必要とされることが多くなると予想されます。ぜひ本格的な中医薬膳学を勉強してください‼

薬膳にご興味のある方は、本草薬膳学院までお問い合わせください。

今年もありがとうございました ~一年の思い~

12月4日虎ノ門にある中国料理の店で、2018年度の講師会兼忘年会を開きました。遠方の方は残念ながら欠席されましたが、東京、千葉、神奈川、埼玉に住んでいる先生方が出席しました。

本草薬膳学院が2002年に設立してから16年になりました。おかげざまでさまざまな講座に参加してくださる受講生の皆様と、各先生方と職員の努力により学院はしっかり歩んで参りました。

今年は東京校、福岡教室、大阪教室に引き続き名古屋教室も新しく開校しました。各地の教室で「中医薬膳師」の基礎教育は順調に進んでいます。またさらに実力をつける研究科の教育も充実してきています。新に気功の講座も開講しました。より専門性の高い、本格的な中医薬膳学の教育と普及という目標を達成しつつ、学院も着実に発展しています。

新しく採用した3人の社員は教務や事務の仕事に新しい活力を加えました。

また中医学教科書シリーズとして『中医基礎臨床』『中医婦人科学』(4月)『中医小児科学』(12月)(源草社)が続々と出版され、本草薬膳学院の講師陣による二十四節気の養生レシピの決定版『季節の薬膳』(緑書房)も10月に出版されました。他にも株式会社第三文明社様が発行する子育てと教育雑誌「灯台」や、株式会社小学館様の雑誌「女性セブン」に薬膳についての記事が掲載されました。

5月末には例年通り北京で中国薬膳研究会の会長から「国際薬膳師」の証書授与を行い、学術交流を行いました。併せて中医薬膳研修として南昌まで足を延ばし、江西中医薬大学と交流し、樟樹薬材市場を見学しました。

7月には山東省の費県に出かけ、世界中医薬学会連合会が発行する「世界中医薬」雑誌の編集委員会に出席し、11月には世界中医薬学会連合会伝統医学ローマ大会に出席し、「ローマ宣言」の審議と公表に関わりました。

一年あっという間に過ぎました。振り返ってみると学校の多くの先生方と職員が中医薬、薬膳学の教育現場でよく働き、汗をかき、勤勉に中医薬膳学の田畑を耕し、種をまいて育てた結果、このような多くの成果を収穫できたと思います。

皆様、ありがとうございました。忘年会でみんな一緒に座って、お酒を飲み、料理を食べ、しゃべって、笑って、楽しい時を刻み、来年はまた頑張ろうと思いを新たにしました。

異常気象や災害の多い1年でしたが、薬膳でしっかりと養生し、日々の暮らしに役立てていただけるよう、今後も薬膳の教育と普及に取り組んで参ります。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
よいお年をお迎えください!!

 

 

「世界中医薬の日」が決まりました


去る11月17日にローマで第15回世界中医薬大会が開かれました。今回の大会は世界中医薬学会聯合会(世界中連)が主催し、共催はイタリア中華医薬学会・イタリア国家鍼灸学会です。

昨年、バンコクで開催された第14回の大会後、世界中連と国際標準化の一環として《中医基本名詞術語中日対照国際標準》の辞書を作成するにあたり、委託契約をしました。

半年をかけ、多くの専門家の先生方のご協力によって翻訳は完成し、今回の大会の常務理事会に報告し、審議してもらうことが決まっていたので、翻訳の過程を報告する資料を整理して、パワーポイントを作りました。大会に出席するため会費を振込み、チケットとホテルの費用を支払い、事務的な手続きを全部完了して、ローマへ出発する準備をしました。


しかし、9月の末に左足首を骨折してしまい、一か月半後の出席は無理だと整形外科の先生に言われてしまいました。どうしよう と困りましたが、まじめに病院に通い、リハビリを頑張り、豚足・スペアリブ・魚など薬膳料理を食べ、骨折は順調に回復しました。ところが大会の2週間前に、世界中連から「辞典の報告は中止になりました」という連絡が入りました。ネットで調べたところ、会場も変わったことが分かり、行くのをやめようかと心が揺れました。でも、気持ちはもうローマへ飛んでいるし、それぞれに支払った費用も完全に戻らないので、迷わず行くことにしました。

約1000人の参加者がローマの会場に集まりました。

開幕式の司会は世界中連の副主席兼秘書長の桑濱生氏とイタリア国家鍼灸学会会長です。国連糧食・農業組織の総幹事の先生が祝辞の中で中医薬は農業と食糧が発展することと関連している科学であり、国際協力の大前提が必要であると述べました。世界中連・イタリアの中医薬学会の先生方や中国国家中医薬管理局の政府関係の先生が続いてそれぞれ祝辞を述べました。


主会場と分会会場に中医薬基礎理論や臨床実践、鍼灸推拿の研究と実践、中西医結合研究、中医手法や流派、中薬研究、道地薬材や絶滅危惧種の動物・植物と薬材の保護、中医薬における各国での発展及び法律に関わる動き、中医薬国際標準化・情報化研究、中医薬サービスと貿易などのテーマがあり、各団体の代表は幅広く学術的な交流を行いました。

各会場を覗きながら、今回の主な目的である理事会の会場に着きました。会議期間中、理事会・常務理事会・監事会の会議に出席しました。今回の主題は「ローマ宣言」の審議です。

昨年のタイ大会後、アメリカ・イタリア・中国・フランス・オーストラリア・カナダ・スペイン・イギリスの13名が発起人として「ローマ宣言」の草案を世界中連に提出しました。討論と訂正を繰り返して、今回の理事会にディスカッションペーパーを出し、議論することになりました。このような重要なことに参加するのだと誇りが湧いてきました。「辞典の報告は中止する」という通達に対する不満も消えました。

1時間以上の討論で各国の副主席・執行委員・常務理事は意見を十分に交し、最後に全員一致で「ローマ宣言」が通過しました。また毎年の10月11日は「世界中医薬の日」と決まり、閉幕式の際に発表しました。これにより世界各国にいる中医薬の専門家は自分たちの“祭日”が確立されました。

10月11日は1958年に中国の故毛沢東主席が “中国医薬学是一個偉大的宝庫、應当努力発掘、加以提高(中国医薬学は偉大な宝庫であり、努力して掘り下げ、レベルアップしていかなければならない)、”という講話を発表し、当時、衛生部が作成した中医薬を差別し軽視した政策や各規定を抑えてそれを改正した日です。中医薬の事業が現在獲得した輝かしい業績は毛沢東主席のこの励ましの言葉からは離れられないという理事会全員の共同認識でしたで、この日になりました。

今回の世界中医薬大会参加してよかったと思いました。