にんにくの芽と鯵のカレー風味焼き

冬は気も血も滞りやすい季節です。
鯵は温性で胃を温め、にんにくの芽は辛味・温性で行気活血、チンゲン菜は活血化瘀の働きがあります。カレー、胡椒、紹興酒と合わせることで身体を温め、行気活血作用が強くなります。

更年期でイライラして刺すような痛みがあり、不正出血や月経不順などでお悩みの女性、気鬱血瘀を併せ持つタイプにお勧め

【 材料(2人分)】
鯵      2尾
にんにくの芽 2本
チンゲン菜  1本
卵      1個
紹興酒    大さじ1
サラダ油   適量
カレー粉、胡椒、片栗粉 適量
塩 少々

【 作り方 】

  1. にんにくの芽は小口切りにする。チンゲン菜は茹でて、塩で味を調える。
  2. 卵をボールに割り入れ、にんにくの芽、カレー粉を混ぜる。
  3. 鯵は三枚おろしにして半分に切り、塩、胡椒、紹興酒で下味をつける。片栗粉をまぶして、2をつける。
  4. 鍋にサラダ油を入れ、鯵の両面を香りが出るまで焼く。
  5. 皿に4を盛り付け、チンゲン菜を添える。

薬膳素材(例えばクコの実・棗など)は購入できます。
購入ご希望の方は下のリンクからお申し込みください。
ここをクリック ➡ 食薬購入

杜仲(とちゅう)入りスープワンタン

腎陽を温め補う「温陽補腎」により、
陽虚証が原因の冷え症や生理痛の改善が期待できます。
陽虚タイプにお勧め‼

【効能】
杜仲 : 温甘/肝腎/温補肝腎・固経安胎
淫羊藿(インヨウカク) : 温辛甘/肝腎/補腎壮陽・去風除湿
肉豆蔲(ナツメグ): 温甘鹹/腎大腸/補腎助陽・益精養血

※小麦粉の涼性はほかの温性の材料と加熱料理により抑えられている

薬膳素材(例えばクコの実・棗など)は購入できます。
購入ご希望の方は下のリンクからお申し込みください。
ここをクリック ➡ 食薬購入