豚ハツと百合根の炒めもの

心血を補い、陰液を滋養し、心神を安定させます。
血虚タイプ や出産後の貧血にもお勧め

【 材料(4人分)】
豚ハツ   150g
百合根   1/2個
インゲン 40g
松の実     20g
黒胡椒   少々
塩        小さじ1/3
紹興酒   大さじ1
サラダ油        大さじ1

【 作り方 】

  1. 豚ハツは血抜き処理をして一口大のそぎ切りにし、紹興酒をかける。
  2. 百合根は汚れたところを取り、1枚ずつ剥がして洗う。きれいに整える。
  3. 筋取りをしたインゲンは5~6cmの長さに切り、さっと茹でる。
  4. フライパンにサラダ油をひいて熱し、豚ハツの色が変わるまで中火で炒める。
  5. 百合根、インゲン、松の実の順に加えて炒め、塩、胡椒で味を調える。

薬膳素材(例えばクコの実・棗など)は購入できます。
購入ご希望の方は下のリンクからお申し込みください。
ここをクリック ➡ 食薬購入

棗(なつめ)玉ねぎだれの牛肉巻

気と血を補います。 心脾両虚証・心神不安証におすすめ★

【材料(4人分)】
牛もも肉薄切り 320g
にんじん 1/2本
ほうれん草 1束
にんにく・生姜 各1かけ
油 大さじ2
塩・粉胡椒 適宜
片栗粉 適宜

玉ねぎ 1個
ごま油 少々
棗 12個

A :
紹興酒 大さじ2
しょう油 大さじ1
黒酢 小さじ1
棗のもどし汁 大さじ4
塩・粗挽き胡椒 適宜

【作り方】

  1. 棗は熱湯に30分以上浸け置いてから柔らかくなるまで煮て、種を取り除いて刻む。
    にんじんは3~4cmの拍子切りにして茹でておく。
    ほうれん草はさっと茹でて水に放ち、水気を絞って3~4cm長さに切っておく。
    生姜とにんにくはみじん切りにしておく。 玉ねぎは薄切りにしておく。
  2. にんじんとほうれん草を牛肉で巻き、塩・粉胡椒して片栗粉を薄くつける。
  3. フライパンに油と生姜とにんにくを入れて火をつけ、香りが出たら牛肉を入れて焼く。
    取り出して、切り口が見えるように斜めに切る。
  4. 同じフライパンにごま油と玉ねぎを入れて炒め、棗と残りのAの材料を加えて煮詰め、牛肉にかける。

【効能】
棗: 甘、温/脾胃/補中益気(臓腑の働きを高めて疲れ、食欲不振、めまいを改善)、養血安神(血を補い、精神を安神させて、動悸、不眠、イライラを改善)
にんじん: 甘、平(微温)/肺脾胃肝/養血益肝明目(血を貯蔵している肝を補い、目の乾燥、かすみ目、視力低下を改善)、健脾化滞(消化機能を整え、下痢、便秘を改善)
ほうれん草: 甘渋、涼/胃大腸膀胱/養血止血(血を補って貧血症状を改善)
牛肉:甘、平/脾胃/益気健脾(内臓下垂、疲れ、息切れ、めまい、むくみを改善)、養血強壮(気血を補い、足腰に力が入らない、頻尿などを緩和)
葱: 辛、温/肺胃/散寒通陽(冷えによる腹痛、下痢を改善)
生姜: 辛 、微温/肺脾/温胃止痛(脾胃を温め、胃の冷えや痛み、食欲不振、嘔吐を改善)

薬膳素材(例えばクコの実・棗など)は購入できます。
購入ご希望の方は下のリンクからお申し込みください。
ここをクリック ➡ 食薬購入