年齢と年齢ごとのケア

中医学による年齢の分け方

中医学では次のように年齢を分けます。

  1. 少年児童期(誕生~12歳)
  2. 青春期(12~24歳)
  3. 成年期(24~36歳)
  4. 中年期(36~60歳)
  5. 老年期(60歳~)

また、女性は7の倍数、男性は8の倍数で年齢と体の変化の関係を説明します。

食養生
7歳(7*1) 8歳(8*1)

野菜・果物など平性のものを用いる。

禁忌は熱性のもの・脂っこいもの・羊肉・ハム・なまこなど

腎気が旺盛、歯が生え替わり、髪が伸びる 腎気が充実、髪が長くなり、歯が生え替わる
14歳(7*2) 16歳(8*2)  
腎気が旺盛となり、性ホルモン(天癸)が分泌され始め、月経とかかわる経絡の任脈・衝脈がスムーズに通り、発達して月経が始まる。 天癸が分泌され始め、男子は精気充実。性交によりこどもが作れる。

陰陽のバランスをとる。

陽盛に偏っている時:野菜・果物

陰盛に偏っている時:肉類など

21歳(7*3) 24歳(8*3)  
腎気がバランスをとり、親知らずが生える。 腎気のバランスがよく、筋肉・骨が丈夫になり、親知らずが生える。

陰陽のバランスをとる。

陽盛に偏っている時:野菜・果物

陰盛に偏っている時:肉類など

28歳(7*4) 32歳(8*4)  
筋肉・骨が強壮になる。 筋肉・骨が強壮になる。

陰陽のバランスをとる。

陽盛に偏っている時:野菜・果物

陰盛に偏っている時:肉類など

35歳(7*5) 40歳(8*5)  
顔面に分布している陽明経路が衰え始め、顔色が悪くなり、しわが寄り、抜け毛が始まる。 腎気が衰え、髪が抜け、歯の色が悪くなる。 陰陽を補い、気血を調節する。
42歳(7*6) 48歳(8*6)  
太陽経路・陽明経路・少陽経路の3つの経路が衰弱し、顔色が悪くなり、しわ・しみが出て、白髪が現れる。 陽気が頭から衰弱し始め、しわが寄り、顔色が悪くなり、白髪が現れる。 陰陽を補い、気血を調節する。
49歳(7*7) 56歳(8*7)  
任脈・衝脈が虚弱し、性ホルモンの分泌が停止し、閉経する。体形が崩れ、妊娠も不可能となる。 肝気の衰弱により筋の働きが悪くなる。性ホルモンがなくなるため、精が少なくなり、腎が衰え、体形も崩れる。 補脾肺腎のために少食にし、薄味・温かいものを摂る。
穀類・果物・野菜・肉類・魚・卵類・豆類など多種類のものを摂る。