多汗②

5.邪熱内蒸タイプ

【症状】
多汗・汗液が濃い あるいは 汗液が黄色く臭う・からだが熱い・顔色が赤い・躁鬱・口が苦い・尿が黄色い
舌苔が薄黄色・脈が弦で速い
【証侯分析】
肝火または多食・多飲のための胃火が旺盛になり、湿熱が内蒸する
体熱の症状が現れ、津液が筋肉・皮膚から排泄される
【立法】
清肝泄胃・化湿和営
【食材】
セロリ・せり・白菜・春菊・ゴーヤ・きゅうり・トマト・すいか・バナナ・りんご・緑豆・豆腐・金針菜
【中薬】
菊花・薄荷・金銀花・魚腥草・山楂子・車前子・薏苡仁
【方剤】
竜胆瀉肝湯

 

6.痰湿内盛タイプ

【症状】
発作性多汗・めまい・胸のつかえ・吐き気・嘔吐
または咳・喘息・痰が出る
舌苔がじゅくじゅく・脈弦滑
【証侯分析】
痰湿が内にたまり、肺の宣降機能が失調 ⇒ 痰の症状と多汗が現れる
【立法】
燥湿化痰
【食材】
大根・大麦・はと麦・あずき・金針菜・冬瓜・海藻・鯉・鮒
【中薬】
茯苓・白朮・陳皮・甘草・桔梗・杏仁・栝楼・莱菔子
【方剤】
撫芎湯

 

7.気滞血瘀タイプ

【症状】
慢性的な局部・半身の発汗・四肢のしびれ
治りにくい
【証侯分析】
瘀血による気滞、または気滞による瘀血のため、気血失調の発汗となる
【立法】
行気活血化瘀
【食材】
青梗菜・玉ねぎ・らっきょう・大根・えんどう豆・みかん・ジャスミン・酢
【中薬】
当帰・川芎・三七・鬱金・丹参・桃仁・紅花・陳皮・枳穀・仏手・桔梗
【方剤】
血府逐瘀湯

 

next page