薬としての茶

d95cfeb6858b858dc43a7d090c0c32ee_s 茶が長い歴史を経てこんなに広まった理由は、茶がもっている多くの働きにあります。 中国古代の文献には次のようなエピソードがありました。

*…..*…..*…..*…..*…..*

 神農が薬を調べるために山々を歩いて回り、多くの草木を試食したときに、1日に多くの毒にあって巨大な茶樹の下に倒れてしまいました。 すると茶葉にとどまっていた露が垂れてきて、神農の開いた口に流れ込み、その雫を飲んだ神農は命が助かりました。

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….tea-1284366_1920

 この話からもわかるように、茶は解毒薬としても利用されてきました。 後漢の時代(25~220年)の書籍には、茶には「気持ちを楽しくする」「心を安らかにして気を養う」「イライラやのどの渇きを止める」「熱毒邪に犯された下痢を治す」「利尿」「痰を取り除く」「体を軽くし若さを保つ」「長期間飲むと痩せる」「脂肪を取り除く」「飲みすぎ・食べすぎを治す」などの効能があるという記録がありました。

 清代(1616~1912年)の『本草求真(ほんぞうきゅうしん)』(黄宮綉(こうきゅうしょう))にも「茶には甘味があり、寒の性質をもちます。 肺に入って体に溜まっている痰飲を溶かしたり、心の熱毒を清したり、脂肪を排泄したり、宿食を解消したりする効能があります。 よって、食積・頭がボーッとする・涎が垂れる・大小便の不利・消渇・吐血・鼻血・血便・火傷などの症状に有効です」と書かれているように、茶は薬として長く使われたことがわかります。

ジャスミン茶

tea-1404080_1920【材料】
ジャスミン茶 3g
湯 400ml

【作り方】

  1. 100mlの湯を急須に入れて、温めてから捨てる。
  2. ジャスミン茶を入れて、湯を注ぎ、1~3分間を蒸らす。

【解説】
 ジャスミン茶は茉莉花(まつりか)の花と緑茶を混ぜて、約110℃ぐらい加熱するなどの方法で加工した上品な香りがあるお茶です。 福建省福州市は世界ジャスミン茶の発祥地、世界銘茶福州ジャスミン茶、国連食糧農業機関の世界重要農業文化遺産と登録されているそうです。

 春に肝の疏泄を促進するためにジャスミン茶をよく使い、口臭を取りたい時にジャスミン茶を噛んで、その香りで口臭を改善する方法もあります。

杜仲淫羊藿茶

%e6%b7%ab%e7%be%8a%e8%97%bf【材料】
杜仲 15g
淫羊藿 6g
当帰 10g
黒砂糖 適量
水 300ml

【作り方】

  1. 土鍋に杜仲・淫羊藿・当帰・水を入れて1時間浸ける。 火をつけ、沸騰したら弱火で30分間煎じてから濾す。
  2. 土鍋に再び水200mlを加えて1と同じ方法で煎じる。
  3. 1回目と2回目の煎じ液を混ぜ合わせて飲む。 好みで黒砂糖を加える。

【解説】
杜仲は葉ではなく樹皮を使います。 乾燥した樹皮を折った時に両端の断面に細い糸が連結しています。 このような繋がりが強いことから気虚・陽虚体質で流産しやすい人に勧めます。 淫羊藿は夏秋に収穫し刻んで乾燥させます。 羊脂によって加工する方法があります。 黒砂糖を加えて飲みやすくなります。