硬すぎる症状

 五硬とは、頭項が硬い(頭項硬)、口が硬い(口硬)、手が硬い(手硬)、足が硬い(足硬)、筋肉が硬い(筋肉硬)を言います。

 

五硬

症状

頭項が硬い

口が硬い

手が硬い

足が硬い

筋肉が硬い

病因病機

虚弱体質、寒邪侵入→陽気不運、気血凝滞

風邪の侵入

弁証論治

  1. 陽気虚衰
    【症状】全身冷え、硬く横たわり動きが少ない、眠るのを好む、声が低い、関節が動きづらい、頭身を動かせない、局部の皮膚が固く・蒼白・腫れ、唇色淡白
    【分析】からだを温める陽気がとても弱く少ないため、気血の流れが停滞、腎の水気が氾濫し、寒気が体内に内盛する
    【立法】益気温陽
    【食薬】補益類

  2. 寒凝血渋
    【症状】 全身冷え、硬く横たわり動きが少ない、足・尻・顔面・局部の皮膚が固く・紫色・腫れ、唇色暗い
    【分析】 寒邪により気血流れが停滞する
    【立法】 温経通絡
    【食薬】 補益類・活血化瘀類

食事の起源

%e9%bb%84%e5%b8%9d  黄帝が天下を治めるようになって、まず解決したのは食の問題でした。 「史記」には五帝本記には「黄帝藝五種、撫万民」(黄帝は食物の種類を豊富にして、民衆の生活を安定させた)『淮南子(えなんじ)』には「黄帝作竈」(黄帝はかまどを作った)とあり、『古史考』には「黄帝作釜甑」(黄帝は煮物鍋と蒸し鍋を作った)、「黄帝始蒸穀為飯、烹穀為粥」(黄帝は、穀物を蒸してご飯を作り、粥を作った)という記述があります。%e9%bb%84%e5%b8%9d%e5%a7%8b%e8%92%b8%e7%a9%80%e7%82%ba%e9%a3%af%e3%80%81%e7%83%b9%e7%a9%80%e7%82%ba%e7%b2%a5

   黄帝時代にはかまどや鍋だけでなく、脱穀するための石臼や石杵などの道具も作られました。 さらに海水から塩を作る技術ができ、それまで味のなかった食事が美味しいものになりました。

 つまり今、私たちがよく食べているご飯やお粥は、人間が何千年も前から食べていたことになります。 ですから黄帝内経の時代に料理が始まったといってよいでしょう。

夏のミネストラ

MINESTRA D’ ESTATE

夏のミネストラ

【材料(6人分)】
キャベツ 4枚
にんじん 半分
玉ねぎ 半分
長ねぎ 半分
セロリ 半分
ズッキーニ 半分
じゃがいも 1個
トマト 1個
うずら豆(缶詰) 100g
はと麦 50g
にんにく 半かけ
イタリアンパセリみじん切り 大さじ2
バジル 10枚
チキンスープ 3カップ

胡椒

【作り方】

  1. はと麦は軽く洗い、ひたひたの水に浸け一晩置く。
  2. トマトは湯むきし、種を取り粗く刻む。
  3. イタリアンパセリはみじん切り、バジルは細かく手でちぎる。
  4. キャベツは2cm角、にんじん、セロリ、ズッキーニ、じゃがいもは1cm角のさいの目に切る。
    にんにくは皮をむき、つぶして芽を取る。
    玉ねぎはみじん切り、長ねぎは1cm幅の小口切りにする。
  5. 玉ねぎのみじん切りを大さじ2のオリーヴオイルで焦がさないように10分炒める。
    玉ねぎが透きとおってきたらトマトを加え3分炒める。
  6. 5に4の残りの野菜類を加え、ひと混ぜして、ふたをして5分蒸し煮にする。
    チキンスープ3カップ、うずら豆、はと麦を戻し汁ごと加え、塩、胡椒で味付けをし、煮立つまでは中火、煮立ってきたら弱火にして、あくを取りながら30分以上ゆっくり煮込む。

【効能】
キャベツ : 甘、平/胃腎/補中益気/胃腸虚弱、疲れ、胸焼け、胃痛、食欲不振
にんじん : 甘、平(微温)/肺脾心/養血明目、斂肺止咳、健脾化滞/目がしばしばする、夜盲症、消化器の不良、咳、角膜乾燥小、高血圧、糖尿病、気管支炎、抗癌
玉ねぎ : 辛甘、温/脾胃肺心/健脾理気、和胃消食/食欲不振、おなかが張る、下痢、消化不良
長ねぎ : 辛、温/肺胃/発汗解表、散寒通腸、解毒散結/冬かぜの発熱、悪寒、腹痛、瘡瘍腫毒
セロリ : 甘辛、涼/肺胃/清熱利尿、涼血止血/かぜの発熱、咳、黄疸、浮腫、百日咳、皮下出血、血尿
ズッキーニ : 甘、寒/肺肓腎/清熱生津、潤肺止渇、消腫散結、利尿通淋/空咳、痰が少ない、のどの渇き、イライラ、むくみ、お腹の張り、尿が濃い、排尿痛、瘡瘍腫毒
じゃがいも : 甘、平/胃大腸/補気、健脾/消化器の虚弱、胃腸自律神経失調症の悪心、嘔吐、潰瘍、便秘
トマト : 甘酸、微寒/肝脾胃/生津止渇、健胃消食、清熱解毒/熱病によるのどが渇いていらいらする症状、食欲不振、高血圧
うずら豆(えんどう豆) : 甘、平/脾胃/健脾益気、健胃利湿、解毒利水、生津通乳/食欲不振、嘔吐、下痢、足がつる、水虫、吹き出物、外傷腫毒、のどが渇く、産後母乳の出が悪い
はと麦 : 甘淡、微寒/肺脾胃/利水滲湿、健脾補肺、清熱排毒/むくみ、下痢、脚気、痺れ・痛み、四肢痙攣、咳、痰が多い、胸の痛み、食欲減少、皮膚の化膿症、肺癰の咳痰、黄痰、臭痰、腸癰